Blog

ブログ

Blog

スタッフブログ

楽しいわが家のコラム②〜同行支援について〜

皆さん!こんにちは!楽しいわが家ヘルパーステーションです。
冬も本格化となり、毎朝布団からの脱出に困難を極めている今日この頃。
ニュースで雪の映像を見るたびに雪国にお住いの方はすごいと感じる、南国育ちの私です。

今回はコラム第2弾!今回は同行支援についてお話しできればと思います。
楽しいわが家ヘルパーステーションでは、視覚障害をお持ちのご利用者様へ、同行援護の支援を行っています。
同行援護とは「視覚障害により、移動に著しい困難を有する障害者等につき、外出時において、当該障害者等に同行し移動に必要な情報を提供するとともに、移動の援護その他の厚生労働省令で定める便宜を供与すること。」(厚生労働省HP抜粋)です。

外出保障という点においては移動支援事業と変わりませんが、ヘルパーが行う行為は基本「介護」ではなく「移動に必要な情報を提供する」ことになります。
もちろん同時に介護が必要になる方もいらっしゃいます。

同行援護の資格を取得する際の最終試験で、ご利用者様の気持ちになるという観点で二人一組になり、ご利用者役はアイマスクをして実際に町を歩いたり電車に乗ったり階段を昇降したりしました。
やってみるとホントに奥深い!!大きな視野を持ち危険が無いようにする一方で、細かなことまでご利用者様の気持ちになって情報を提供。
さらには自分の立ち位置を工夫して上手いこと障害物を回避する。
頭の中はフル回転です。初めてご利用者様とご一緒した日は(もちろん先輩スタッフも同行)緊張したことを覚えています。

当事業所のご利用者様は明るくて楽しい方ばかりなので、たくさんお話しながらあっという間に時間が過ぎてしまいます。
楽しいわが家ヘルパーステーションには経験を積んだスペシャリストの同行援護スタッフがいるので、私も勉強させてもらってる日々です。

これからもさらなる向上を目指してまいります!!

SHARE
シェアする

お知らせ一覧